読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『ル・グラン・マカーブル』  107

107、『ル・グラン・マカーブル』 2013/6/26~27     1978年に初演                  

リゲティ・ジョルジュ・シャーンド(1923~2006 ハンガリー
フィルハーモニア管弦楽団、 ロンドン・シンフォニエッタ・ヴォイセズ  エサ=ペッカ・サロネン(指揮)
録音時期:1994年-1998年
フローダ・オルセン(バス)、 グレアム・クラーク(テノール  スティーヴン・コール(テノール)、
ウィラード・ホワイト(バリトン  マーク・キャンベル=グリフィス(バリトン)、マーティン・ヴィンクラー(バリトン
マイケル・レスィター(バリトン)、リチャード・スアート(バリトン  ジビュレ・エーレルト(ソプラノ)、
ローラ・クレイクム(ソプラノ)  シャルロット・ヘレカント(メゾ・ソプラノ)、ヤルト・ヴァン・ネス(メゾ・ソプラノ)
デレク・リー・レイギン(カウンターテノール
トーマス・アデスの『テンペスト』よりは、いい。
ひょっとすると、アデスは、このオペラの影響を相当受けている感じもした。
音楽の面白さが良く出ているオペラであった。歌と音楽の一体感もあった。ストラヴィングスキーに似た音がした。
ストーリーはさっぱり、分からないまま観た。ラストに、もう少し盛り上がりが欲しかった。ストーリーはやがて知った。
もう一度、機会をうかがって観てみたい。

f:id:azaz11:20130721081927j:plain