読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

マリエッラ・デヴィーア 『連隊の娘 La fille du regiment』 125

125、『連隊の娘 La fille du regiment』   2013/8/6
初演:1840年2月11日オペラ・コミーク座(パリ)

ガエターノ・ドニゼッティ1797~1848)
指揮:ドナート・レンツェッティ ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団 合唱指揮:ロベルト・ガッビアーニ
演出:フィリッポ・クリヴェッリ 舞台&衣装:フランコ・ゼッフィレッリ
1996年6月25・28日/7月1日 ミラノ・スカラ座におけるライヴ収録
マリー:マリエッラ・デヴィーア  トニオ:ポール・オースティン・ケリー 
ベルケンフィールド侯爵夫人:エヴァ・ポドレシ  スュルピス:ブルーノ・プラティコ
クラッケントルプ公爵夫人:エドアルド・ボリオリ オルテンシウス:ニコラ・リヴァンク
伍長:アルド・ブラマンテ 農夫:エルネスト・ガヴァッツィ 舞踏教師:ウンベルト・ベルニャ
往年のマリエッラ・デヴィーアメアリー・スチュアートがいい感じであったので、連隊の娘マリーがあったので見てみた。声や技巧はやはりいいようです。

ゼッフィレッリの美術は綺麗です。このオペラのコミックさにはマッチしていると思いました。

f:id:azaz11:20130811133031j:plain