読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

2013年 12月に観た映画

 その昔、『木下恵介アワー』という番組がありました。

木下恵介プロディース一時間ものドラマです。

物凄い幼子であったボクには、死ぬほど退屈な番組でした。

その印象があってか、木下恵介には、いいイメージがなかったのです。

が、たまたま先月に見た『カルメン故郷に帰る』と、『カルメン純情す』の2本の、その圧倒的な画像美にノックダウンされてしまい、今月も、のっけから、木下恵介ザンマイで、スタートです。

木下恵介は、ゲイらしい女性の描き方をしています。

何と言ったらいいのか、いじめているような、敬愛しているような、崇拝しているような、侮辱しているような、そんな複雑な描き方をしています。

これは、同じゲイでなければ、分からない感覚であり、同じゲイでなければ見抜けないものでしょうね、きっと。

しかし、端正な画像です。

この端正さは、小津安二郎以上ではないかと思います。

更に、小津のような、わざとらしさもないです。

丁寧に美しく、こだわって、こだわって、撮って編集している状況がよく分かります。

 

『陸軍』監督:木下恵介 田中絹代

f:id:azaz11:20131231205353j:plain

 

田中絹代の使い方などは、溝口以上ではないでしょうか?

溝口の絹代は、全部大根なのですが、木下の下では、素晴らしい女優です。

f:id:azaz11:20131231205430j:plain

『陸軍』のラストで、息子の出征を見送る母親を、ロングで撮っています。

この絹代の表情の素晴らしいこと。。。。。

 

 

『喜びも悲しみも幾年月』監督:木下恵介 高峰秀子 佐田啓二

f:id:azaz11:20131231205500j:plain

この有名な映画では、木下は海と灯台の美しさが、撮影したかったのではないでしょうか?

ストーリーは、今二つでした。

 

楢山節考』監督:木下恵介 田中絹代

f:id:azaz11:20131231205528j:plain

ベンベンと義太夫が流れる中、姥捨ての物語がすすみます。

今村昌平の映画とどっちがいいかと言うと、今村のほうがいいです。

ここまで義太夫を使うなら、少し人形振りや、実際の人形も出せばよかったのにね。

 

 

この年の11月と12月は、NHK大河ドラマ太平記』と『風と雲と虹と』に集中したため、オペラも映画も、あまり観なかった。

 f:id:azaz11:20080318141226j:plainf:id:azaz11:20131231205554j:plain

 

太平記の時代は大好きです。

あと、平将門が今一つ理解していなかったので、結構、勉強になりました。