読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

2014年度の後半は 川端康成に浸った。

川端文学は、僕個人の思いでは、

高校生の頃の、いささか病的な、痛んだ心の琴線に、

よく和して響きあっていた世界だなぁ〜、となる。

 

あの頃は、川端の幻想的な映像世界に惑溺していただけだった。

が、今となれば、登場人物の、屈折した気持ちや行動を、よく理解でき、

またその理解の上に、過去と変わらず、幻想映像も楽しめるようになった。

 

それも、『魔』が根底に澱む、川端のデモニッシュな筆力に、

グイグイ引っ張られて、大人の気持ちや行動が理解できるのだ。

いい、読書の日々を、2014年の末に、過ごした。

f:id:azaz11:20141231204321j:plain

f:id:azaz11:20141231204328j:plain

『雪国』は、確かに美しい小説だが、若干、情景の説明過多なところがあり、

白けた。川端は、若い故に、力み過ぎている。

 

f:id:azaz11:20141231204339j:plain

f:id:azaz11:20141231204348j:plain

f:id:azaz11:20141231204404j:plain

f:id:azaz11:20141231204550j:plain

f:id:azaz11:20141231204307j:plain

f:id:azaz11:20141231204426j:plain

『山の音』は、素晴らしい。

小津安二郎は、この小説にインスピレーションを受けて、晩年の映画を作ったのではないだろうか。。。。