読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

コヴェント・ガーデン 『魔笛』 17

17、『魔笛』 2013/1/14  1791年初演  35歳

ヴォルフガング・アマデウスモーツアルト(1756~1791) 
指揮:コリン・デイヴィス 演奏:コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
演出:デイヴィッド・マクヴィカー 振付:リア・ハウスマン デザイン:ジョン・F・マクファーレン
タミーノ:ウィル・ハルトマン パミーナ:ドロテア・レッシュマン
パパゲーノ:サイモン・キーンリサイド パパゲーナ:アイリッシュ・タイナン
夜の女王:ディアナ・ダムラウ ラストロ:フランツ=ヨゼフ・ゼーリヒ モノスタトス:エイドリアン・トンプソン  
弁者:トーマス・アレン 第一の神官:マシュー・ビール 第二の神官:リチャード・ヴァン・アラン 
第一の侍女:ジリアン・ウェブスター 第二の侍女:クリスティーン・ライス 第三の侍女:イヴォンヌ・ハワード
第一の鎧を着た番兵:アラン・オーク 第二の鎧を着た番兵:グレーム・ブロードベント
収録:2003年1月27日 コヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロンドン)におけるライヴ収録

f:id:azaz11:20160620190353j:plain


ダメ!アリアを聴くには満足であるが、全体としては『フィガロ』のほうがいい。この舞台については、三人の侍女と女王はよかったが、それ以外は不満足。演出のせいではないと思う。