読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

スカラ座 『メフィストフェーレ』 112

112、『メフィストフェーレ』  2013/7/12 
1868年5月5日 ミラノ・スカラ座 初演 1876年と1881年の大改訂があった。

アッリーゴ・ボーイト(Arrigo Boito, 1842年2月24日 - 1918年6月10日 イタリア)
ヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」「オテロ」「ファルスタッフ」の台本作家。
アレナ(マウリチオ)(指揮) サンフランシスコ・オペラ合唱団&オーケストラ
リミ(サムエル)(メフィストペッレ) ベナツコバ(ガブリエラ)(マルゲリッタ、エレナ) オニル(デニス)(ファウスト)
クリスティン(ユティト)(マルタ) マンハルト(エミリ)(タンタリス) ハーパー(ダグラサー)(ネレオ)
オペラ自体は、2ランクぐらい下のオペラです。
ゲーテな深いテーマを充分に汲み取っている本でもないようです。グノーの『ファウスト』よりは、ましでしたが。

それより、狭い舞台で精一杯努力をして、空間と演出の効果を出そうとしている姿勢が小気味よく、またその努力が功を奏しているのも、いい感じであった。