読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

ルチア・ポップ  『ダフネ』  94

94、『ダフネ』 2013年 5月 25日  
初演:1938年10月15日ドレスデン国立歌劇場/指揮&献呈:カール・ベーム 74歳

リヒャルト・シュトラウス(1864~1949)
指揮:クリスチャン・ティレーマン スイスロマンド管弦楽団 ジュネーブ歌劇場でのライブ 
ダフネ:ルチア・ポップ
画像はなかったのですが、なんてすてきなオペラであろうか!ただ、あと20分ぐらい短縮してもいいように思った。 ルチア・ポップの恍惚的な声のなんていう甘さ。本当に、すてきなオペラであった。

ベームはこんな素敵なオペラを送られたのか。
後に、このオペラのあらすじを読んで、なんでこんなに長いオペラになったか分かった。
ギリシャ神話のオリジナルではない。
ストーリーは、ギリシャ神話どおりにしておいた方がよかったと思う。オペラになるオリジナルだと思う。

f:id:azaz11:20130605141423j:plain