読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ゲイ術 三昧の日々』

このブログは、管理人(ゲイです)の『オペラ』に関する個人的な備忘録です。そして、もう一つ、日々の感慨の記録です。

『幕末太陽傳』 みんな若いねぇ〜。死んだ人、ばっかりだけどネ!

監督:川島雄三

フランキー堺 南田洋子 石原裕次郎 左幸子 小林旭 菅井きん 山岡久乃 金子信雄 小沢昭一 殿山泰司 岡田真澄 二谷英明 西村晃

 

幕末の、宿場(品川)遊郭の雰囲気が、上手く明るく描かれていた。

リズミカルで支離滅裂な展開も、落語が元のストーリーだけあって、いい感じであった。

名優が綺羅星のように出そろっていて、興味深い映画ではあったが、演技に変なリキミを感じた。リキミが目立つ作品は、何であれ好きではない。

しかし、若での至りで力んでいる名優たちも、ほとんど死んでしまった。

彼ら彼女らの若く輝いていた頃を、ボクの記憶の中にある、彼ら彼女らの年老いた頃の容姿と比べてみて、感無量であった。

みんな、死んでいくんだよね。間違いなく。

このボクも。

主演のフランキー堺が、「あっしは、まだまだ若いので、墓とは無縁で・・・・・・・」と言って走り去るラストシーンには、不思議な感覚を覚えた。

フランキー堺は、いつ死んだっけなぁ?

 

f:id:azaz11:20140211074908j:plain